新型コロナウイルスの緊急事態解除を受けて、掬水舎は内容を変えつつゆるゆると再開しています。

まだまだ不安が残る中と思いますので、新規参加者は募らず、

会員様のみにて定員数を減らす、三密を避けるための内容に考慮して、

ぼつぼつとしてまいります。

詳しくは、料理茶道教室のページでご確認ください。

以前のような内容でできるのは、まだ先が見えませんが、

ご理解いただきますように、お願いいたします。


掬水舎  主宰  南恵子


2018年の秋西宮市の住宅街に、築80年の民家をリノベーションし、「お茶と食の文化サロン掬水舎(kikusuisya)」を始めました。

私たちは、何か目新しいもの、もっと素敵なものがこの世にはあるとのでは?と、次々探してしまいがち。

でもでも意外に、大切なものは、自分の側にずっと近くにあると気がつきました。

おばあちゃんたちが伝えて来た暮らし方には、食で健康を培い、食べ物を大切にいただく知恵の宝庫。また茶の湯には、自然に感謝し、他者を思いやり気持ちよく交流する優しい心があふれています。

おばあちゃんたちから受け継いだお茶と和食文化の楽しさや豊かさを、「掬水舎」から、お伝えできたらと思っています。        

                                                                                

掬水舎(kikusuisya)  主宰/南恵子

Instagram

Could not load instagramAlbum photos.

    Facebook